« あさってはレイキ交流会 | トップページ | ゲート#44 »

2012年4月 9日 (月)

だから好き

土曜は毎週ゴスペル練習です。7日の練習は特別バージョン「イースター感謝祭」でした。「イースター」、Jesusの復活をお祝いする歌を歌おう!とミニミニライブ。全体で歌う歌を3曲、ほか3曲を「Cチーム」「oチーム」「Jチーム」の三つに分けて、それぞれのチームだけで練習して発表しあう形式でした。

ディレクターの用意してくれた曲はそれぞれとてもハートがゆさぶられる歌ばかりでしたが、他のチームの歌ったある1曲は心が「そうだそうだ!」と叫びまくりました。

  「私は悲しみ 恥 病 痛みと引き換えに
  それらを捨てて主の喜びを手にする

  悲しみが一晩中続いても
  朝には主の喜びが来るのだ」 訳詞 略

まさに先日体験した内容の歌詞でした。
数年前にライブで歌った時とは私の中に入ってくる深さが全然ちがい、氣づくと涙が・・。

そして私のチームが歌った曲。

  「O that men would praise His name
     Praise His name to be the end of the earth」
地の果てまで という表現が大好き。

そう! 私の「喜び」を地の果てまで伝えたい!という思いで「rejoice」しました~♪

心の中奥深くの思いを、大きな声でうたう。
思う存分 魂をふるわせる喜び
しかも英語だから 日本語だったら絶対口にできないかも みたいなストレートな表現もできちゃう(笑)
ゴスペルもメッセージがとても癒されるけど、きっとウチのクワイヤーだからここまで楽しくできるんだろなぁ。

だから好き♪
 

  

« あさってはレイキ交流会 | トップページ | ゲート#44 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/44818157

この記事へのトラックバック一覧です: だから好き:

« あさってはレイキ交流会 | トップページ | ゲート#44 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック