« Harmonyが「まちなか」で | トップページ | 丘のテラス 出張セッション »

2012年5月28日 (月)

お山の修行

この3日間、吹上温泉にて天城流湯治法のステップアップセミナーに参加してきました!

昨年6月に湯治士補をいただき、この一年間 自分を癒し 家族を癒し 縁ある方がたを癒し、セミナーで「自分で自分をケアしていく」ことをお伝えしてきました。
今回の合宿で、この一年間経験させていただいたことのうえで「わかること」というのをたくさん実感しました。

「癒し」は工芸品のように「見て」好みや価値を決められないもの。
だからこそ、私の技術の向上はもちろんだけど、自分のケアや お客様ひとりひとりの感覚に寄り添うことための方向性がとても大切。
その感覚を今回の合宿で鍛えられた、いや磨き上げていくきっかけをいただいた感じでした。

座学では「フラクタル理論」とその実践。「乳腺炎」はこれで軽快する、という実践。ゆるめポイントの繋がり。エネルギーの向き。痛みの取り方。棒を使った
セルフストレッチ法。イメージング。陰陽。調体。などなど

温泉では、フローティング、温泉のなかでのからだのゆるみ方、中心軸など。

アウトドアは登山(往復2時間程度の登山道散策。といっても、残雪あり・ぬかるみあり・岩山あり・小川越えあり)。五感を働かす、状況に対する身体の使い方、心を解放するなど大自然をどう自分は感じ取るか。

自炊だったので、調理のコツや「食べる」ということ関連も朝昼晩とあり。

けっこう混みこみの濃い内容でしょ?



自分の今の状態を受けいれていく。
仲間を観察したりほぐしたり、それぞれの「学んできたこと・経験していること」に耳を傾けること。


深~い深~い話しや体験を得られ、「だからそうなんだ」と納得せざるを得ないポイントだらけの合宿でした。感謝です~ ^^
皆さまにも私の貴重な体感をセッションで還元していきますね♪


温泉も素晴らしい泉質だし、天城流も速効性は凄いのでこの相乗効果を自慢させていただくと

・・・朝五時起きで寒い外でのワークをして、座学やストレッチ実践、温泉ワークして、午後遅く登山、(夜には軽く宴会も・笑)。
次の日もまさかの5時起きでそのまま登山へいき、午前にフローティング体験などかなりの運動量でした。
一日3回の自炊もあるので立ってる時間も長いんです。
ところが続けて登山しても筋肉痛がでないんです。雪解け中で足場はかなり悪いのに、疲れも想像したほどきません。
これはやっぱり、天城流のほぐしをちゃんとしたからに違いありません!!
運動が苦手な私にとって、これ以上のシチェーションは存在しないだろうというなかでの「お手入れ」の効果。ますます自信をもっておすすめできます♪


大切な仲間との時間は、自分で「進んでいくため」の大きな励ましになりました。

また認めたくなかった自分や、無邪気な自分にも会え、さぁここから「スタート」です。
どうもありがとう



« Harmonyが「まちなか」で | トップページ | 丘のテラス 出張セッション »

天城流湯治法(ボディメンテナンス) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/45447216

この記事へのトラックバック一覧です: お山の修行:

« Harmonyが「まちなか」で | トップページ | 丘のテラス 出張セッション »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック