« 決めた! | トップページ | 明日はレイキ交流会 »

2012年8月16日 (木)

からだ

もう3年くらい前だったかしら。
「トマティスメソッド」という耳と声のトレーニングをしていたことがあります。
7000~8000Hzの高周波を聴くことで、耳と脳がトレーニングされ

「必要なことだけ聞き取れる」
「右脳が活性化する」
「自分の声の中から高周波を聴きとり脳に栄養を与えリラックスさせる」
「自分の健康状態がわかる」

たしかこんなことができるようになると言っていたはず。
私はいろんな情報に振り回されたくなく「必要なことだけ聞き取れる」こと。
それと、ゴスペルを歌うのにより気持ちいい響きが得られれば、、、とトレーニングに参加しました。
耳のトレーニングを終えた人は「自分の発声」を変え、「自分が癒される声をだす」、という次のトレーニングに参加できます。
ここで先生にあることを言われました。

「あら~、この人可哀想に。
肩と背中がこんなに盛り上がっちゃって・・・。こんなに力を入れて生きているんだわ」、と。

それを聴いた瞬間ぶわぁっと涙がこぼれ、魂が喜んだのを覚えています。
発声の基礎は習えましたが当時の私は「力を抜くこと」「からだをゆるめること」が自分ではどうしていいのかわからずにいたので、使えているような使えていないような、そんな感覚で帰ってきました。

ここ最近ふとトマティスを思い出しました。
今の私は、天城流湯治法に出逢いこつこつと自分の身体をゆるめれるようになりました。
ゆるめたところから感情を見つめたり手放したりしてきました。
レイキの流れやパワーをはっきりと感じられるようになりました。
そして今、骨に響く自分の声に癒されている「実感」があることに気付きました。

「ゆるますこと」。
からだも、こころも。
ここに全ての基本がありました。

からだをゆるますことで、しなやかな筋肉骨格の動きができ、体液がさらさらと循環する。
滞りのないからだは「気」もさらさらと流れ、「素直な自分」で居られ、治癒力・免疫力があがる。
素直な自分は「心地いい」から、魂の本来の目的に進みやすく、宇宙の意思・仕組みに柔軟にむきあえる。
ゆるみある身体だから、背骨に振動する自分の声を感じられる。
車のハンドルも「あそび」があるからスムーズな運転ができるように、身体も「あそび」がないと、骨と筋肉ががっちり固まってしまったら振動していくスペースがないんだと、やっと分かりました。

ゆるみある体だから、レイキの波動もさらさらと入り込みやすい、掃除がしやすい、って感じ。

そうかぁこれだったんだ。

ゆるますこと。
響かすこと。

自分を愛すること。深い仕組み。

なってみれば「あぁ、そういうことね」だけど、
ほんとにここまで遠かったなぁ。

やっと気付いたけど、まだゆるませれるとこもいっぱいある私(笑)
納得したので、また自分のペースで変化を楽しんでいきます(^-^)

« 決めた! | トップページ | 明日はレイキ交流会 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

自分を愛するって深いですね♪happy01
シンクロしてる感じがします。

ほづみさん、コメントをありがとう!
全ては繋がり、すべては振動していること。
すばらしいよね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/46709718

この記事へのトラックバック一覧です: からだ:

« 決めた! | トップページ | 明日はレイキ交流会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック