« 5月のレッスン日 | トップページ | 朝寝坊な日 »

2014年5月 4日 (日)

レイキ

今日は少々 マジメなところで。長いよ~(笑)


ある日、現代レイキセミナーレベル1を開催いたしました。

受講者さんは、数年前に西洋レイキ(臼井レイキ)の伝授を受けられていました。

「なぜ、もうレイキができるのにわざわざまた習いなおすの?」

そう、お知り合いから聞かれたそうです。
その受講者さんは、私の雰囲気や生き方をみたり、お友達が現代レイキを始めて、すごく良い変化をしたのを見て、現代レイキを学びたいと思ったそうです。



でも何が違うのか、と普通は思いますよね。

発展系のレイキというのも世の中にはありますが、このあたりでは臼井レイキという西洋レイキ(高田はわよさんからの系統)と、現代レイキ(土居裕先生がまとめられたレイキの実践法)のどちらかをしている方が多いです。ほかにもいろいろあります。

どちらも同じ「レイキ」という波動と繋がり、自己の浄化をしたりレイキヒーリングをしたりして、調和の波動で癒されていきます。




戦前にハワイに移民された高田はわよさんから広められたのが西洋レイキです。
ヒーリングの効果がとても知られ、アメリカやイギリスでは病院でも医師から処方されたりしています。

レイキの波動はあたたかく細やかで深いリラックス効果があるので、末期がんでモルヒネなども効かないほどの痛みの方が、レイキ波動でひと時深い安らぎの中で過ごせます。
また、深いリラックスとともに生命エネルギーが活性化し、自己治癒力が上がることにより病気やけがの快癒へと繋がることも多いです。
リラックスすることで深い意識の部分もかわり、気づきとともに生き方が変わってきます。

ただ、海外でさまざまなマスターやティーチャーから伝え広められるうちに、レイキを最初に広められた臼井先生の「いかに生きるか」という精神性についての教えがうすくなり、ヒーリングが大きな特徴となったり、願望達成のためのレイキとして実践しているグループもあるそうです。




私がお伝えしている現代レイキは、西洋レイキのヒーリング等の効率の良さに加え、現代レイキ代表の土居裕先生が、臼井先生が一代目会長となられている「臼井霊気療法学会」の会員として、その「精神性」の教えを「目指すところ」としてまとめられて広がっているものです。

なので、ヒーリングにより「からだと心」をととのえたあと、レベル3にて臼井先生が一番重きを置いていたレイキの神髄である「精神性」を高めていくのが、西洋レイキとの違いとなる大きな特徴です。



ヒーリングだけであればどこのレイキでも大して変わらないであろうとおもいますが、この精神性についての学びに私はとても大きな魅力を感じています。
というか、これによって私はやっと「生まれてきた意味」「生きていく目標」がわかったと感じているからです。



もちろんまだまだ精進するところばかりです。
が、「本来あるべき自分」を取り戻したいと強く思い、そこにむかって日々「五戒」を生きていることで、本当に生きやすくなったと毎日感じています。


今回の受講者さんも現代レイキのレベル3を目指したいとのことでした。
先にされていた臼井レイキとはテキストが違うこと、また波動をピュアにつなげるために、西洋レイキでレベル1を持っていても、現代レイキのテキストを使ったレベル1からの伝授をさせていただきました。


波動についても、「レイキ」は大宇宙大自然に満ち溢れる愛の波動で同じですが、そのマスターに繋がってきた経路によったり、またマスター(ティーチャー)自身の個性や資質によって、若干「ん?」と感じることもあります。
その「ん?」も私とは違う個性という範囲から、「これ、レイキ?」と感じたものまでさまざま。

(だいぶ前ですが、実際、レイキではない荒い波動を伝授されていた方もいました。
レイキを教えとしてではなくヒーリングの代名詞としてとらえ、自分で構築したヒーリングに〇〇レイキと名付けたんでかないかと…。
また、パイプがちゃんと通っていなかったかたも --;)

それが良いとか悪いとか、ではありません。
すべてはご縁なのです。
波動なのです。
繋がるべくして繋がっていく。タイミングも然り。
そこで必要な経験をし、学びを重ねていくということ。
自分が納得し、また好きかどうかが大切。



相性も大事です。
続けてフォローを受けられるか、どうかも。
レイキは心地よいですが「見えない」エネルギーなので、使えているか迷ったり、感じられなくなったりもあります。
そこで、一緒に研鑽する仲間が励ましであり、自分自身の立ち位置や向かう方向を意識しやすくなれるのです。



レイキの研鑽は、日々のエネルギーとのふれあいや、その時の生き方感じ方を「個々」でしていくもの。
だけど、自分の姿(エネルギー)は人と関わり合った時に感じることができるのです。


伝授をする責任をしっかり意識し、日々精進すること、粛々としています。

(だって、マスターは生徒さんに言ったことができているかどうか、すぐにお試しがくるんだもん  ^^;
また、レイキ伝授は単なる「癒しの能力獲得」だけではなく、「宇宙と共鳴していく」ということで、意識の持ち方や様々な経験をすることが大切だと考えてますので、未成年の方には伝授いたしません。
未成年の方はヒーリングはさせていただきます。心地よい波動は子供のうちからどんどん体感してほしいもんね ^^)



フォローとして復習会や交流会もさせていただいています。
現代レイキの交流会は、流れの活性化や、自分の確認、場に満ちる心地よい波動との共鳴、そして気づきのシェアなどでさらに気づきや背中を押してもらうなどの時間となります。



人は、ひとりでは生きていけません。
人と関わることで、自らの成長があります。


すべてはその方の選択次第。
レイキも、どこで学ぼうと いつ学ぼうとも 自由。
また系統も、マスターも、自分で選ぶのです。


どのような経験が来ようとも、それはすべて宇宙からのギフトであり、気づくか気づかないか、行動するかしないか、おのおのの選択です。


レイキを習いたいという理由は、さまざまです。

また、レイキを伝授されただけですべてが好転するのではなく、レイキと響きあいながら日々研鑽することで生き方が変わります。
伝授を受けて完成ではなく、そこをスタートとして「いかに在りたい」かを、求めていくこと。

そこの目標に自分が「向かいたいか、どうか」ですね(^^)

この投稿は、ほかの系統やマスターについてどうこうではなく、相性や習いやすさ、自分が何をしたくてレイキを学ぶのかの、ご参考になればという思いからのものです。
何か参考になれば幸いです。


長文となりました。
最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

« 5月のレッスン日 | トップページ | 朝寝坊な日 »

現代レイキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイキ:

« 5月のレッスン日 | トップページ | 朝寝坊な日 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック