« 骨休め | トップページ | レイキ三昧 »

2014年5月18日 (日)

ナビ

ゴスペルの練習では、いつも歌詞のメッセージの理解のために、牧師先生によるお話しがあります。

練習中の歌の歌詞から、またその歌と関係する聖書のなかから、たとえ話を用いた解説をメッセージしていただけています。

このお話が、いつもとても心に響き、心が震えたり、心が洗われたり、また時には目からうろこのような角度からのお話しがでることも。

おかげで、何に感謝して歌っているのか。
というか、だからすべてのことに感謝なんだと、心の叫びで歌うことができています。

先日の牧師先生のお話しのなかで、「皆さんは運転の時などは、ナビ派ですか?マップ派ですか?」という問いかけがありました。

私は、車のナビを利用して出張セッションに出かけていることもあり、ナビ派で手をあげました。

お話しはこういうことでした。

ナビ派いつも自分の進行方向を上にして向かっている。
だから、自分が中心といえるでしょう。

マップ派は、常に北が上に表示されています。
北を「神」とたとえ、つねに動かない真実として、たとえられてました。

もちろんナビ派が信仰を持っていないというのではなく、あくまで「中心」をどこにおくか、という話です。

私はどうか、と考えちゃいました。

「自分」を大切にしたい、自分の心を大切に、環境と調和しながら心地よく生きたい、と思ってます。

その「環境」のなかに、ゆるがない宇宙の真理があります。

その土台の上で、個を持たせていただいている。

そんな感じかな。

深い話だわね。

しばらく、味わえそうなテーマでした(^-^)

« 骨休め | トップページ | レイキ三昧 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/56234192

この記事へのトラックバック一覧です: ナビ:

« 骨休め | トップページ | レイキ三昧 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック