« 晴れ渡る | トップページ | 自分を愛する »

2014年5月21日 (水)

「ま」

「ま」、という音。

真、間、魔、磨、麻、未、いろいろありますが、今日は「間」で。

この数日は連続で、「間」というキーワードいただいてました。

「タイミング」という意味もありますね。

でも今回は、距離の意味の「間」。

人との距離感の話ばかり。



どうも私は、極端から極端に走りやすい気があるらしい。
(たしかにマヤ暦では音が2なんです。まさにですね ^^;)

今回は「ハートの開き具合」。

「自分らしく生きる」という真実を知らなかったときは、ハートを開くどころか自分の意思的なベースを置く場所を知らなかったので、気持ちが伝わりにくく、いつも人間関係で疲れたました。

今はかなり修行も進み(笑)コミュニケーションはきつくはないです。

が、「この人好き♡」と思うとハートの扉を全開にしてしまい、丸ごと受け入れてしまうことが多いようです。

ずかずかと相手に入り込むことはしてませんので、ここは大丈夫。

ですが、相手のすべてを自分に受け入れること、してたかも。

これでは割合的に相手の無意識も含めたコントロール下に入りやすいですね

石井ゆかりさんのふたご座解説の一部に、まさにその通りなことを書いてありました。

「まず自分を開いてわかってもらって信頼を得る性質。が、傷つくことも多い」

みたいなことを書いてあって、「あー、ほんとだ!」とひとり失笑したのですが、「好き」という合図で、ガッツリ開いちゃうんですね~、私。

信頼しちゃうと、ピピッと警告サインがきても「まさか~」と無視してしまうので、失敗しちゃったみたい(^-^;)

そんな経験後の「間」。 距離感について聞く一連の流れ。

私にとってはあまり意識してこなかった新分野。



もちろん、「心を 閉ざす」のではないのです。、

ちゃんと自分をもって、素直に表現しながら、相手とのエネルギーの中間地点でやり取りする。そして、ときどきそこを俯瞰する、とのこと。

「あーなるほどね~!」と、話を聴きながら思ったのですが、言うは易し行うは難し、なんじゃない~?(苦笑)

ま、やってみるしかありませんね。

そこを意識して経験することが、自分の「心地よい距離間」を感じる唯一の方法だもんね。

本を読んでわかったりするもんじゃないわね。

さて、できるようになれるかな~。

実験♪実験♪楽しみだわぁ(^0^)

« 晴れ渡る | トップページ | 自分を愛する »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/56266154

この記事へのトラックバック一覧です: 「ま」:

« 晴れ渡る | トップページ | 自分を愛する »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック