« 「ヨガの雫」さんにてセルフケアWS | トップページ | 底の底まで堕ちたら »

2014年12月14日 (日)

股関節の痛み

自分の記録も兼ねての投稿。次々繋がる先を記録しておきたかったのです。

80代のお父さんを施術してほしいと娘さんより依頼されました。

股関節前側が痛くて歩くのが大変。

特にトイレに行くのがツラいとのこと。

あまりにも辛くて杖を使い始めたそう。

左 股関節前側なので、まず肩口ゆるめ。あ~けっこう硬いね。

肩口がある程度ゆるんでもとれなかったわきの硬さ。これをとる腕の前側をゆるめようと触ると、ここもかなり硬い。うん、大腸系は硬い。

胸の大腸ラインをほぐしたあと、おなかを触る。

カチカチ~(><)便秘で悩まれてるそう。



よく噛んで食べてくださいね~と話すと、よく噛もうとすると唇かむから嫌なんだよって。

噛み合わせがあってないようなので、耳の上で噛み合わせを整えました。

これで噛めるね。



ある程度 お腹をゆるめて、うつぶせになっていただきました。

お腹をゆるめるために仙骨をほぐし、続いておしりの筋肉ゆるめ・ふとももほぐし。

一カ所だけゆるまない仙骨際。これをくるぶしの上ラインでゆるめる。

あ。これも結構影響あったみたいね。

横向きになってさらにお腹や骨盤周りをゆるめる。

肩甲骨の大腸ポイントもほぐす。



ラストに恥骨際をゆるめさせていただき、そのあとにレイキをしたらお腹がポコポコうごきだしました!

便秘だけではなくガスも全然でなかったというほど腸が動けなかったんですね。

そこがいろんな形で鼠径部を引っ張って、「股関節が痛い」という悩みの原因に。


ここまで80分の施術をやって、「痛すぎて歩けない」という痛みが 減った実感を持ってくださいました。

病院でも異常なしといわれ、整体に通ってもなかなかスッキリせずだったのが、少しの期間でもラクに過ごせればいいですね。



これで完治ではないです。

咀嚼に気を付けていただき、おなかの調子が整っていかないと、お腹が硬く戻ればまた痛くなります。

日々の習慣の改善と、コツコツゆるめ続けること。

頑張れお父さん!

典型的に咀嚼不足からきてました。

まずは、咀嚼をしていただく。水を飲んでいただく。
自分でできるポイントをお伝えする。

さぁ、あとはご本人がどれくらい頑張れるかですねぇ。

気持ちよく歩けるようになりますように!




« 「ヨガの雫」さんにてセルフケアWS | トップページ | 底の底まで堕ちたら »

天城流湯治法(ボディメンテナンス) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/58268951

この記事へのトラックバック一覧です: 股関節の痛み:

« 「ヨガの雫」さんにてセルフケアWS | トップページ | 底の底まで堕ちたら »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック