« からだとこころの平和① | トップページ | からだとこころの平和③ »

2015年4月 8日 (水)

からだとこころの平和②

「からだとこころの平和」2日目

私たちの身体は完ぺきなバランスで成り立っていますが、これが崩れてしまった体験もしました。

高卒で就職した年、勤務先のお茶当番や掃除などで水仕事が増え、仕事は大量のカルテを触る仕事で摩擦が多く、初めて「手荒れ」をしました。
しかもその年に母が入院して、父や妹弟のために朝夕の食事やお弁当作りなども加わり、水や洗剤をたくさん使い続けました。。
皮膚のバリア機能は失われ、肌の再生も追いつかず、とうとう接触皮膚炎・主婦手湿疹をこじらせることに。
指先の傷はふさがらず、指間の湿疹は痒くただれ、何をするのも痛くて辛い日々を半年以上経験しました。顔を洗う、お風呂に入ることもツラかったです。
この体験で、皮脂バリアや常在菌など見えないけど大きな働きがあることを知り、感謝でした。洗剤などは環境だけでなく、私たちの身体も傷めると知りました。

また、リラクゼーションサロンに勤務していた時、毎日大量のスイートアーモンドオイルを使って足のリフレクソロジー施術をする仕事をしていました。
勤めて2~3か月後くらいから、お惣菜の揚げ物などを身体が受け付けなくなり、疲れかなぁと思っていたんです。
でもそれはマッサージオイルを皮膚から吸収し、大量の油を摂取していたということだったようです。
肌に塗るものがこんなに体に影響しているなんて、驚きの体験でした。
肌から吸収して体に影響が出るのを知り、自分のからだに使いたいものをきちんと選ぶ、心地よいか感じるということを知ることができ、良い体験でした。

精油を使ったりレイキをしていると、からだが自然な状態へと戻っていきます。
炎症があれば治まり、滞りがあれば溶けて流れていき、身体が健康になります。
この時に「水」を多めに飲んでねと言われていたのに、以前の私は飲むことが苦手で、一日に500CC も飲めてなかったかもしれません。
そんな中、手のひらが皮剥ける炎症がおきてしまいました。
ステロイドを使わずに何とか治る方法はないかと自分の身体で実験と言いながらいろいろ試していきましたが、半年たっても治らず。
錬堂師匠にあった時に見ていただいたら「水を飲め」とだけ。
腎臓を活性化するポイントをほぐし、「真水」を一日1800CC飲んだら、なんと二日で治りました。
身体の掃除は水がする。
どんなに良いものを取り入れても排出がうまくいかなければ、老廃物が溜まり、皮膚から出そうとしてしまったようです。
生きていくのにこんなに水が大事なんだと、改めて知ることができる素晴らしい体験となりました。
湿疹という一見悪いことに見える状態も、身体からのお知らせ。
自分の身体の素晴らしさを、この時に深く感じました。

肌からはいるもの、口から取り込むもの、呼吸器から入るもの。
神経質に除去したりこだわりすぎたりするのは心の平和とはかけ離れていきますよね。身体はある程度なら頑張って排泄してくれますから信頼しましょう。

ただ、身体に使うもの・はいるものが心地よいかをしっかり感じてあげましょう。
使った後の身体の声を聴いて、変化や感覚を知りましょう。
おのずと自分に合うもの・ホッとするものが選ばれていきます。

私たちのからだは素晴らしい。
それを感じる心が素晴らしい。
いろんなことを体験できることが素晴らしい。
日々感謝です。

« からだとこころの平和① | トップページ | からだとこころの平和③ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/59574172

この記事へのトラックバック一覧です: からだとこころの平和②:

« からだとこころの平和① | トップページ | からだとこころの平和③ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック