« シリウス | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

2015年12月21日 (月)

からだに響き渡る声を求めて

長い付き合いの友の調整を頼まれました。

歌を活かす場があるAさんですが、公私ともに多忙が極まり、気づいたら身体が~ってなってたそう。



私:「今日はどうなりたいの?」

Aさん:
「深い呼吸ができるようになること、

頭のモヤモヤがすっきりすること、

身体の響きをとりもどすこと 」



ひとりひとりオーダーメイドのように組み立てるヒーリングボディワーク

パーッとスキャンしたら、生命エネルギーが落ち、頭と身体のエネルギーがリンクしていなく、左右上下前後すべての方向で混線な感じでバランス崩れてました。

まずレイキだなぁって始めたけど、テンパってる思考が強すぎてスムーズじゃない。

しゃあない、呼吸から行くかってことにして、天城流を使ってガッツリと「身体の意識」を起こしていきました。



肉体あってのこの世のいろんな体験なのに、からだに意識があるってこと、みんなうっかり忘れすぎ(笑)

身体に対して、思った通りに動くロボット扱いで「あたりまえ~」って感じで感謝もなく、油を差すようなイメージの「マッサージ」的なお手入れもなくなら、からだだって「がんばってます~」の限界がやってきます。


お手入れで、肉体の緊張がほぐれたら、自動で心の緊張もほぐれて、気の流れもスムーズになり、思考に振り回されなくなります。

 

Aさんの混線をほどいていって、最後にレイキで気の流れを整えようと始めてみたら…。



どうも第3チャクラだけ、避けて流れるような感じで色が悪い。

グレー系のモヤモヤ迷彩色でいっぱいって感じ。

なんか「自分の想い」系のことでモヤってる(もやってた?)って感じました

 



私:「胃のあたりにね、何色をのせたいっておもう?」

Aさん:「色は何にもいらない。透明がいい」

わたし:「わかったよ~」

 



レイキはこちらの念を入れるのではないので、色などどうでもよかったのです。

淡々とレイキのパイプとなり流すだけですので。

が、Aさんに第3チャクラあたりに意識を持ってもらいたくて、こう声かけしてみたんです。

色だと、どうなりたいかってエネルギーをイメージできるから。

 

 

声かけして意識してもらったらその途端、白い光が私の中をザーッとながれるように♫

 

終了後、おなかの色のはなしになりました。

Aさん:

「お腹に色っていわれたときね、
灰色みたいな土色みたいなモヤモヤ迷彩色だったから、 そんな色は手離して白っぽい透明な色になりたかったの」

 

 

ひょえ~さすがAさんっ! ちゃんと感じてたんだー!

この方はもともとアーティスティックな感性がするどいので、私とおんなじ色が見えてたんだね!

意識してもらったことで、自分のなりたい方向性、表現したいこと(第3チャクラ)を自分で決めたって感じ。

モヤついた世界は過去。これからは白く輝く安心の光の中でってね。


そして、私がレイキのとてもよい流れを感じて居る時、Aさん自身が

「自分がしゃべるたびに全身に声が響き渡っている!」

っていう感覚を取り戻していることに気づいて驚いてました。

 

頭蓋骨や胸の骨に響くのはどんな人でも比較的感じやすいです。

 

背骨から尾骨、骨盤内、そして足の親指にまで感じるっていうほどのクリアな感覚を取り戻せたようです。

レイキをしている私の手に、Aさんの声の響きが振動として感じられるほど、しっかりした楽器となったようです。

 

深い呼吸と、クリアな感性、響くカラダ、取り戻せてよかったね。

私もAさんオーダー、クリアできてよかった♡

« シリウス | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

天城流湯治法(ボディメンテナンス) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/63073969

この記事へのトラックバック一覧です: からだに響き渡る声を求めて:

« シリウス | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック