« スペシャルワークショップ「自分のからだは自分で創る」に参加してきました | トップページ | Maako先生の「あろは~呼吸」セミナー参加 »

2016年9月 5日 (月)

タッキ-先生の「身体の気持ち」WS

思いがけずに三日連続で「身体」に取り組む第三弾は、こちらでした♫

人生が豊かになる「あろは~呼吸法」&「身体の気持ち」スペシャルコラボ!

 

「身体の声、聞いてる?」著者のタッキ-先生こと滝村桂子先生のイベントシェアで札幌開催を知り、居ても立っても居られないほど惹かれました。

からだの声、聞いてる?
滝村桂子


本で「身体の声」についても読んでいたし、

郵送での「からだ占い
®個人鑑定」を受けていて、自分の資質についてもわかっていたのですが、

やっぱりその時にしか聞けない情報もあるなぁと感動のWS。




かねがね私も天城流湯治法を提供しているときに、「身体の声」に耳を傾けていて、

身体がどうなりたいか、クライアント様にも自分自身にも意識を向け続けています。

単なる疲れとかももちろんあるのですが、多くの方が体の細胞・器官・関節などに、

手離せない感情などを溜めていることにも気づいてました。


レイキヒーラーでもあるので、「氣づき」をとても大切にして行動していて、

自分もクライアント様も、この精神状態から「ラクになる」には、

身体をラクにすることで気づきがあると感じてました。

そんな土台はあるなかで、「なるほど!」と思ったことが。

「身体そのものが潜在意識」

というタッキ-先生の考え方です。ものすごく腑に落ちました!


人の意識は、5%の顕在意識。

その下に95%の潜在意識。

その奥に集合無意識があると言われています。



潜在意識の海の中から「こうなりたい」「あぁそうか!」が湧き上がることを「氣づき」といい、

氣づき=人生の学び

という話は、「やっぱり!!!!!!!」ってガッテンボタン押しまくりでした!

からだ(潜在意識)から痛みや不調和のサインがでていて、

身体を整えることで、

「ラクになった」や、「こうしよう」「こうしたい」が生まれるって、

まさに「氣づき」そのものですよね!


現代レイキも、「まず体、心を整える」ために心身の癒しとしてヒーリングを施す。

心身の不安が取り除かれ調和してくると「氣づき」が増え、

精神向上の学びをかさね、魂が喜ぶ生き方ができる」というもの。

おんなじだ~。



この日、タッキ-先生自ら参加者さんたちに簡単なからだ占いをしてくださり、

私は「左ひじ」と解説を受けました。

「左ひじ」は、「人と人を繋ぎ、調整する」のが得意な資質とのこと。

それを踏まえた上での、質問コーナーで質問させてもらいました。



昨年から「歯茎」にトラブルがあり、身体のメッセージ的にはどうか?と。

するとタッキ-先生は、まずは「歯科で治療してね」と前置きの上で、

口腔内のトラブルは「怒り」、特に「自分に対しての怒り」であることが多いとのこと。

たとえば「口内炎」はその代表的なことだそう。



私もすぐに思い当たることがありました。



「人と人を繋ぎ、調整する」役割があった時期、当人たちの問題なのにどうにかうまく調整したかった私。

結果、「あっちにもこっちにもいい顔をして、自分自身をだまし続けた」頃に、歯茎の不調が出たんです。

こんなことにかかわりたくない自分(潜在意識)を無視して、

脳が「このほうがうまくいくよ~。」って世間の常識(と思ってる)に合わせてました。

それで、身体は「あんたなにやってんねん」って怒ったんでしょうね。

歯茎の腫れは一向に引かず、今ではもうどうにも手遅れっぽい状態。


歯や歯茎の異常から、食べ物をうまく食べれないので、咀嚼不足になっちゃうし。

これって自分の環境に置き換えると

「物事を噛み砕けない」、「人生を咀嚼出来てない」「人生を味わってない」


ってこと。



まさか「自分に対しての怒り」だったとは…。

はぁ…。知らなかったといえ、私のからださん、ごめんなさい。


前歯のこんなに目立つところ(対人関係)に、

歯茎の腫れ(めらめら燃えちゃう怒り)という形で表してくれてたのに…。

自分の深い部分ではどうしたいの?その考え、噛み砕けてるの?という歯。

思いをちゃんと言葉に出して伝えてね、という口の中。

今となったら、なんたるわかるわかりやすさ。



自分のことは見えないってよく言うけど、


違和感として感じていることを「自分のこととして見たくなかった」

って言うのが正解かな。

気づかないふりして、なぁなぁな慣れとして不感症になっちゃうとこだった。shock



この状態に「怒り」というキーワードが来たのですが、

自分が自分に対して怒ってることは想像できず、

外に怒りを出せないことが原因か?と、こんな本も読んでみてました。


怒っていい! ? 〈誰にも嫌われない...
矢野 惣一

ロープライス ¥1,421
or 新品 ¥1,800
ポイント 54pt

 これはこれで、私は「怒りを表現出来てなかったんだーっ」と衝撃の事実が判明して、とてもよい本でした。




そのあとに、わたしが
Maako先生から個人的にメッセージをいただいていた時に、

小耳にはさんだキーワードが「脂肪」


「脂肪」って「大切なものを守るため」につくらしいsign03



これも、なんとなく氣づいてたのよねぇ。

施術したクライアント様が霊感バリバリのタロットリーダーの方で、

どのパーツも痩せすぎなくらいほっそりなのに、お腹だけポッコリ。

そのときに「あ、霊(たま)を守ってるんだなぁ」とふと思えたのです。

周りのセラピストさんでも霊感の強いかたはふっくらしている方が多いのです。

天城流の痩身法を自分にほどこしても、すぐに脂肪が溜まるのは、


丹田に収まっている霊を守ってるのかもしれないなぁ、と常々感じていました。



やっぱり「身体の声」ってすごいっ!

身体の声=潜在意識

めっちゃ納得ですheart04



天城流、現代レイキとも土台で一緒だなぁと思ってる言葉。

「身体が変われば心も変わる。心が変われば身体も変わる。」

という理念も、身体の気持ちをくみ取りながらも、

リアルに身体の滞りをはずしていくことで「氣づき」がくるから、

だから私はやりたいんだなぁと、心底思いました。

私は、波動や心理的状況、身体の声(無意識)の存在を知ったうえで、

身体が調和していく「心躰調律」をできることが、とっても嬉しいです。

もっともっと研鑽します。

 

 

思ったより感想が長くなったので、Maako先生の呼吸法は次のブログで♪

からだ、やっぱりおもしろいsmile

« スペシャルワークショップ「自分のからだは自分で創る」に参加してきました | トップページ | Maako先生の「あろは~呼吸」セミナー参加 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/67349359

この記事へのトラックバック一覧です: タッキ-先生の「身体の気持ち」WS:

« スペシャルワークショップ「自分のからだは自分で創る」に参加してきました | トップページ | Maako先生の「あろは~呼吸」セミナー参加 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック