« ボイストレーニング | トップページ | 歯の治療前にも天城流♪ »

2017年3月28日 (火)

虫歯と肌の炎症。

札幌滞在4日目。
3月24日は、札幌で開催された「天城流指導者勉強会」に参加しました♪

平日にもかかわらず全道各地から20名も参加できて、熱気ムンムン。
資格別のプログラムでした。

各指導者から錬堂先生にいろんな質問。

先生がそれを答えて、解決方法を見せてくださり、その後に指導者同士で実践練習。



「捻挫・肉離れ」
それに付随して、アイシング(冷却)の考え方。

「副鼻腔炎」

「乳癌の転移の症状の痛み緩和」のための「背中のゆるめかた」

「座禅が組めない脚の硬さ」を解決するための「足首の硬さ取り」「腸脛靭帯調整」

「円背・猫背の改善」

「脊柱湾曲症」

「膝の痛み取り」

「腕の痺れ緩和」ポイントの確認

「横を向けない首の渋さ」と、肩甲骨にアプローチする力加減の確認

「蝶形骨へのアプローチ」


だいたいこんな感じだったかしら。
たくさん教えてくださいました♡



で、蝶形骨のポイントを錬堂先生に直接触ってもらった時。

「お前、どうしたんだ?」と私の顔を見て心配してくださいました。

年末に顔に炎症が出て滲出液で腫れ上がってしまう状態が、小康状態と発現期を繰り返していた私。
この時は札幌滞在2日目から炎症が出て、まぶたが腫れてたのです。



そして錬堂先生自らが、勉強のモデルとして私の状態を確認してくださいました。



大腸の硬さから、膵臓への干渉。

そこから肝臓周辺が硬くなってました。

内臓が硬くなると、低体温になりますもんね〜。辛かった😭

ホルモンバランスを司る胸のポイントも硬くなり、顎下腺が動きにくい状態。

ホテルなど夜遅い仕事で悪化したの、わかるわぁ。



「よく噛め。咀嚼不足からだぞ😠」 by錬堂




実は2年前にアマルガムを取った時に、他の歯の違和感があったのですが、アマルガムを取って敏感になったことによる知覚過敏と言われたのです。

昨年も違和感があり歯科を受診し小さな虫歯を治療してもらいましたが、全部の違和感は取れず😥

咀嚼を意識しても、なんとなく苦痛であまり噛めない日々。

違和感を感じると、唾液が止まる感覚になり、ますます咀嚼がうまくいきませんでした。



そうこうしてるうちに、10歳くらいの時に神経を抜いた前歯が弱くなり、歯茎の中で根元が折れてグラグラになり、とうとう抜けてしまったのです。😱

神経を取ると、痛みを感じないだけではなく、歯がもろくなるんですって。

歯の治療に行ったら、簡単に「神経を取りますね〜」って言われるけど、もろくなるなんて説明されたことはないわ〜。
(痛いという知覚を苦痛だから仕方ないけど。)




それまで通っていた歯科には受診する気に ならず、今回からは違う歯科に行くことにしました。



行ってみると 、、。。

25年前にブリッジ治療した奥歯のせいで支えている手前の歯に負担がかかり、その銀歯の中で虫歯が進行してしまってました。

その負担がかかっていた歯の他にも、多分唾液が出ないことによる虫歯ができ、数本(!)の虫歯が見つかりまして、先月から絶賛通院中です。



治療の終わった歯のあたりで咀嚼すると、違和感は当然感じないので、ストレスなくよく噛めます。

人間、痛みはストレスなので、神経に触らないような小さな虫歯の違和感は、脳が鈍感にしてるんじゃないのかなぁ?なんて推察しちゃいます。




肌の炎症は、「按腹法」でお腹ほぐしをして咀嚼不足のサポートをして、大腸と膵臓と肝臓が働きやすくすること。

唾液の出ない状態は、胸の唾液腺と顔の唾液腺をほぐして、内臓が硬くならないようにサポート。

ホルモンバランスも、胸のポイントをゆるめることと、「日内リズム」を意識してみます。

寝る時間が遅いと、睡眠時間に関わらず肌が不調になってたので、早寝早起き。

食事のタイミング。運動。

そして、錬堂先生に勧められた電動歯ブラシを使う歯みがき方法も試してみようかな。

歯科の治療完了が、待ち遠しいです😓



自分で触ってほぐしてきて「きっとこんな感じかなぁ」と推察した感じ、あってました。

が、錬堂先生に診ていただけてとっても深い「愛」を感じ、どこか無意識に頑張りすぎてた意識が大満足。
ファザコンか(笑)

昨夜自分で按腹法をした時も、すごく優しい力加減でもお腹が柔らかくなり、身体と心が繋がってる体感も。。

ちゃんと自分自身を大切にしよう!という思いが、さらに深まりました。



全てのことに、感謝💕











« ボイストレーニング | トップページ | 歯の治療前にも天城流♪ »

天城流湯治法(ボディメンテナンス) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283802/70073088

この記事へのトラックバック一覧です: 虫歯と肌の炎症。:

« ボイストレーニング | トップページ | 歯の治療前にも天城流♪ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック