« 「ふらのわ会」ありますよ♪ | トップページ | 12月のカフェでのイベント出店のおしらせ »

2017年12月 5日 (火)

母の入院にアロマテラピー

「お姉ちゃん、びっくりしないでね。 お母さん、救急車で運ばれた。」

妹からの突然のメールに、めっちゃ動揺しました。

運ばれた病院で処置をして、一応帰されましたが帰宅後も家で安静を余儀なくされるような嫌な感じが続き、二日後にまた具合が悪くなり急きょ入院することに。



お腹が痛くなりトイレに入ってた母。

痛みがどんどんひどくなり、あぶら汗が出てきて、意識が遠のくなか、

ポケットに入れていた携帯電話で「119」通報を自分でしたそうな。

救急隊が着いたときには、救急隊の声が遠くで聴こえてたような気がするけど、よくわかんない、という意識レベル。
最初は、「便秘からきてるのかなぁ」という診断。
いろいろ処置をして帰ったものの、
2日後にはひどい下血。そのまま入院。
腹痛と発熱と下血。
もちろん絶食で、ベットの上。
倒れたと聞いたときから断続的に送り続けていた遠隔レイキ。
これがものすごくスーッと届いた気がした入院六日目に
熱が下がり、やっと「お腹が空いた」感覚がほんのりとでてきたそう。

私が母のところに行けたのは、入院7日目。おもゆの食事が出始めて2日目。

食事ができるようになったからか、想像よりも顔色が良くみえて、ほっと一安心
妹からこまめに届くメールで、医師からの話や母の様子を聞いていいて、
帰省に当たりカバンに詰め込んだ精油たちは、胃腸系もメンタル系もバランス系取り交ぜて10本あまり。
母の顔を見て、環境を確かめ(個室でラッキー)、母の意思を確かめて、病室で精油を出しました。



大腸のトラブル、という観点から、一応試しに最初に香ってもらったのは「ダイガイズ」
腸の不調にはかなりいい働きをするブレンド。

でも、予測通りに「この香りはあんまり好きじゃない」とのこと。
「やっぱりね~。思った通り」と言って、精神的レベルで癒すオイルを使うことに。

次に出したのはペパーミント。
ティッシュに1滴落としたのを手渡すと、「これは好き」と言ってくれました。


この度の母の下血にまで至った症状。

いろんな検査をしたうえで、お医者さんからも「ストレスからみたいだね~」と言われたそう。
今年は特に強いストレスを抱えていたのを知っているので、そうだろうなぁ、って迷うことなく思いました。

「腹に一物」「はらわたが煮えくり返る」

とか、おなかってストレスを溜めちゃうのよ。
なので、病室で香ってもらおうと思ったオイルは3種類。



「ペパーミント」
・胃腸のストレスを和らげる。
・呼吸が深まる
・意識がスッキリする

「ラベンダー」
・心身ともどんな状態でも万能な精油
・疲れた神経を休める
・発熱にもOK

「オレンジ」
・気分が明るくなる
・優しい気分になる
・緊張がゆるんであったかくなる


お腹マッサージは病院からも勧められていて母も自分でしているというので、ペパーミントを落としたティッシュを胸あたりにおいて、天城流の按腹法でゆるめる。
次にオレンジを私の手にとり、足裏リフレクソロジーで、胃腸と脳の反射区をもみもみ。
足全体を柔らかくして、血行を促す。



帰る前には、ラベンダー+オレンジを落としたティッシュを袋に入れてわたし、
「寝る1時間前に袋を空けて、ゆっくりと香ってね」と言って退室。

脳をリラックスさせることでテレビでも取り上げられた組み合わせで、安心の中でゆっくり眠ってもらおう作戦♪
痛みやら何やらで寝れてなかったらしいしね~。


次の日のお見舞いは昼間だったので、ラベンダー+ペパーミントで。
リラックスしながら頭がスッキリして、呼吸が深まるので細胞の回復も早そうかなって♪
看護師さんとかが入ってくるたびに「このお部屋、いい香り~」って喜ぶそう。

で、母は「娘がアロマやってるのよ~」って、来た人みんなに言ってたのよ♪

って。

きっと、どや顔だったに違いない(笑)




気持ちを上げたり、慰めになったり。
深い呼吸ができることで、細胞修復が進んだり。

精油のはたらきって素晴らしい!



たまたま私が病院に行けたタイミングが、
いろんな医学的治療で症状の山を越えて落ち着いたときだったことと、個室だったことで、
堂々とアロマを試してもらいやすかったことに感謝。

9日間の入院。
一番つらい大変な時は、近くで力になれなかったけど、精油の香りで癒された母の顔を見ることができて本当によかった。

ふつうの方は効能知らず単なる「香り」でも、

精油の大きな「パワー」を知っているので、明確な意図をもってチョイス。

そして、選んだどれもが、どんな人でもわかりやすく受け入れやすい香りの精油ばかり。
シンプルがいちばん。


精油さんたち。

母を癒してくれてどうもありがとう
オレンジ
オレンジはとてもフルーティーな香りで、落ち着きを与え気持ちを元気にしてくれます。オレンジは心に平穏と幸福感をもたらします。d-リモネンを豊富に含み若々しさをサポートします。ヤング・リヴィングではオレンジを食品添加物としてお届けしています。食べ物や飲料に香りづけとしてもご使用ください。


ヤングリヴィング社ホームページより引用
 

« 「ふらのわ会」ありますよ♪ | トップページ | 12月のカフェでのイベント出店のおしらせ »

ヤングリヴィング社エッセンシャルオイル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の入院にアロマテラピー:

« 「ふらのわ会」ありますよ♪ | トップページ | 12月のカフェでのイベント出店のおしらせ »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック