« 2018年4月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年5月

2018年5月29日 (火)

天城流湯治師・師範勉強会 東京③

昨年11月に初開催された上級資格者の勉強会。

その時は、一年がかりで準備してきたゴスペルのライブ当日で、泣く泣く勉強会を諦めましたので、今回が初参加となりました。

一回目の勉強会がとても内容が濃く、そして指導も厳しいくらいに深く教えてくれた、、、

と聞いてたので、始まる前から「どんだけ厳しんだろう~」って、めちゃめちゃ緊張~sad

全国から集まった塾生は、めっちゃ腕利きな方ばかり~。付いていけるか不安でいっぱい。


でもさすが錬堂先生。

一日目午前は、どんどん施術方法の質問に答えてくれたり、新しく発見したことなどを教えてくれて、和やか~。


●PCやスマホによる目の疲れの施術ポイント

●左斜め上を見ると右後頭部がツンとくる痛みの対処法

●糖尿病

●足のガングリオン

●片方の肋骨のでっぱり

●肋間神経痛

●鼻水が喉に落ちることからの咳

●斜角筋の効果

などなど、

なぜその症状が出るのかと対処法。

また、ほぐし具合の体験など、「なるほど!」がいっぱいflair

相似性(フラクタル)をしっかりと観察することを、深め、いろんな学びになりました。

早いペースだったので、ノートより動画保存が多かったので、習った内容は、これから復習必須ですcoldsweats02

自分に落とし込んで、すぐにクライアントさんに還元できるよう頑張ります!





2018年5月24日 (木)

天城流で女子の不調を解消する 東京②

今回の東京の天城流勉強会への参加で、とても楽しみだったテーマはこちら!

★5月17日(女性の湯治師・師範のみ対象)

13:00~17:00 女性特有の疾患に対する天城流のアプローチ






やっぱり、こういう不調でお悩みのクライアント様が多いのですsweat01



錬堂先生が、「女性特有の疾患、どんなのある?」と問いかけると、
●更年期障害
●メニエール

●乳がん・乳腺炎
●子宮がん・子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜症・生理痛・不正出血
●不妊・不育症    

などなど、次々に声が上がります。



更年期などホルモン系は、「耳」。

メニエールは「側頭部」を整えることで、不調が緩和するので、耳のセルフケア法をみんなで練習。



次は「子宮」に関する不調の調整法。

内臓が硬くなること、骨盤が開いてしまうことが関連してるので、

「按腹法」「仙骨調整」の練習。

また、ふくらはぎでの子宮調整もみせてもらいました。

2018517_007_2

次は、「おっぱい」

乳腺炎の解消法を全身のフラクタルで確認。

「おっぱいの不感症」はこうすると解消するなど、たぶん病院では聞けそうにないケア方法も。



「不妊症」の話から、そもそもの「性欲を覚えない」とか、「感じない」など、

クライアントさんから寄せられる「なかなか口に出せないお悩み」のこともテーマに。



これも、天城流では「身体の滞り」からそうなると考えているので、

具体的に、恥骨や尾骨、仙骨等の整え方を勉強。
ここを整えると、女性のケアに役立つのはもちろん、

「尿漏れ」や男性の「ED」などにも効果あり。
女性湯治師・師範ばかりなので、普段はなかなか口にしがたい表現も、言いやすい。smile



婦人科系の病気を治したい、予防したいのはもちろん、

「生命を生み出す」とか「人生の喜び」に通じる性交等の、不快・不調緩和まで、

人の身体の不思議さと、繊細さを感じる時間。

このような機会をいただけて、本当に感謝ですhappy01







ディープなお江戸 東京①

5月17~18日の天城流の勉強会に、一日早く東京入り♪

だって~、天城流の勉強会は ほぼ朝から深夜まで予定が目いっぱいの合宿状態。

なので、娘や友達と会うなら別の日を用意しなきゃ、だからね~。



羽田空港から、まずはホテルへ。

次の日午前の予定に近いところは、宿泊料が高すぎて、今回は初めての浅草泊。

浅草駅から出たら、いきなり「雷門」。

2018516_002

何にも調べてなかったので、唐突な観光スポットの出現は、びっくりするべさ~。

当然写真も撮っちゃうしょ。

そしたら、勧誘の声がかかるよね。
「人力車で観光はいかがですか♪本日の最終案内です!」

声かけてくれた人を見たらね、もう太ももが筋肉モリモリ、胸板も厚くてたくましく、

陽に焼けた肌のイケメンのお兄さんがニコニコしてるわけ!

ふだん会う機会がない若いお兄さんに見つめられると、もう眩しくて眩しくてlovely

どぎまぎしてしまって、「予定があるんで~」というお断りも、なんだかしどろもどろ(笑)

慌てて離れてしまったけど、ホテルに向かいながら、
「あのお兄さんとお話しながらの人力車、乗ればよかったかなぁ~」
とちょっと思っちゃったcoldsweats01



この日は、娘が仕事が終わった後に浅草に来てくれて、一緒に食事をする予定。

「待ち合わせ前に行ってみて~」って娘に勧められた「かっぱ橋道具街」。

閉店時間が迫ってたので、慌てて散策。

食品サンプルショールームを紹介されたから、探しながらいろんなお店の軒先を覗いてあるく楽しい時間。

ショールームについて感心しながら見てたら「枝豆」の食品サンプルキーホルダーが目に留まり、娘にプレゼントしようかと値段を見たら想像より高っ。買わずにスルー。

ショールームを後にして、さらに浅草徘徊。

だんだん夕闇が迫り、待ち合わせ時間となったので、浅草駅横の隅田川を見下ろすあずま橋に。

その橋からは、隅田川クルーズの船や、金色の不思議な形のモニュメントののったビル。そしてスカイツリーも見えました!

2018516_003_3

娘と合流したら、見えていた不思議な「金色モニュメント」のビルへ行くという。
「アサヒビールで作っているクラフトビールが飲めるんだよ~」

と会社の人から紹介されたそう!

私がビール好きなの知ってるから、聞いてくれたとのこと。

気がきくなぁheart04

2018516_007

そこから歩いてスカイツリーを目指して、二人でトコトコ歩く歩く。

2018516_009

せっかくのスカイツリーだけど、二人そろって高いところは興味がないので、

ソラマチのオープンエアのバルで、晩御飯。

「食品サンプルの枝豆に目が惹かれたよ~」って言うと、
「あ!あれ凄いよね~!私、車のキーホルダーにしてる(◎´∀`)ノ」
さすが親子?!

おんなじモノを見てときめいてるのが、なんか可笑しい(^0^)

次の日も普通に仕事に行く娘に早く帰らせなきゃ~と思ってる親の心配はよそに、

「浅草に江戸時代から続いてる銭湯があるから、入ってから帰りたい♪」

、、、ってことで、スカイツリーから浅草までまたまたトコトコあるく歩く。



「蛇骨湯」という名の銭湯は、黒いお湯で滑らかな泉質。

壁には大きな富士山の絵と桜が咲きほこる絵が描かれていて、

「THE・銭湯」という趣たっぷりspa

地元の方もいるんだろうけど、チャイニーズ系やら欧米系やらのお客様もたくさん。



旭川から東京へ来て、めっちゃめちゃ歩いたこの日は、

携帯アプリの歩数計も「19674歩」をたたき出しただけあって、

脚がもうクッタクタ。

冷鉱泉の銭湯に癒されて、感謝でした~!



23:30頃の電車で埼玉に帰る娘を見送り、こんな遅い時間でもあんな遠くまで帰れちゃう都会の便利さに感心。

一応、先に寝るのは申し訳なかったから、00:30頃の「着いたよメール」を確認してから就寝。

一日目から、ディープな東京でした♫





« 2018年4月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック