たび

2016年10月12日 (水)

帯広神社と丸美が丘温泉 ~関西旅行7日目北海道編

7日目の朝、ホテルで目覚める直前、もうろうとしてる時に「神社」というキーワードが浮かびました。

昨日帯広入りした時には、まったく思い浮かばなかったのに、ここで思っちゃったから、やっぱり神社にご挨拶させてもらおうと、ググりまして参拝。

帯広神社に、参拝させていただきました。

こちらの神様は「大國魂神・大那牟遲神・少彦名神」様。

少彦名神さまは、奈良の大神神社さまでもお祀りしてたはず。

最初に参拝したとこと最後に参拝したとこで同じ神様をまつってるなんて、ご縁が繋がってたような気がする
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


映画「銀の匙」でロケされてた境内。

入ると、男性的な力強さを感じましたよ~。

Photo_2

しっかりご挨拶させていただきました。


そしてやっと、錬堂先生おすすめの「丸美ヶ丘温泉」へ!

錬堂先生のブログはこちら

温泉の駐車場に車を止めて、いざホテルに入ろう~とすると、中から女性が出てきて、

「あら♪これは錬堂さんのとこのね♪」と言って、錬堂ストールを見て話しかけてくれました。

私はここのおかみと錬堂さんが10年来の知人とは知らなかったので、ちょっとびっくりに嬉しいお出迎えでした。

Photo_4


そして、お風呂に入って、おすすめの意味がすぐに分かりました!

錬堂さんが「清々とした温泉」と表現してましたが、本当に「清々」という言葉がぴったり。

抜けるわ、チャージするわ、すーっと透き通るようになりながら、エネルギーが整います。

熱い湯とぬるい湯を交互に入りましたが、湯疲れすることもなく、スッキリ爽快!!

とーっても気にいりました(≧∀≦)



絶対また来るぞ!

レッスンやセッションの帯広での予約をいただけたら、ここに泊まるんだ~♪



温泉好きな私としてはあと1時間は入っていたかったけど、18時から旭川で予定が決まっていたので、後ろ髪をひかれながら出発。

途中睡魔に襲われたりしながら、帯広から旭川まで「190㎞」距離を運転して、7日ぶりの旭川。



体感としては、7日程度じゃなく、1ヶ月分くらいの勉強やら刺激やらを受けさせていただいた旅。


濃いわ~♡


神様も、温泉もいきてるお湯を感じる「ゆの里」「丸美ヶ丘」も、最初と最後のくくりがよくてとっても嬉しい♡



無事に、全行程を完了できましたこと、感謝です。

この学びをしっかり活かします\(^o^)/




Photo

関西からの~帯広へ ~関西旅行6日目北海道編

前夜に北海道新千歳空港に到着、一路日高の実家まで58㎞、1時間ちょいのドライブ。

一晩過ごし朝9時には帯広へ「160㎞」のドライブ開始。

先だっての台風災害で日勝峠が使えないので、いつも通る日高峠は大型トレーラーの通行量が多くかったです。


今回の急な帯広行き。

9月中旬に連絡があったこちらのワークショップ参加。

錬堂先生は世界じゅう飛び回っているから、北海道に来てくださる機会はなるべく会いたい♪


3年ぶりに帯広。

前回よりビビらずに運転できたわ~。


そして会場がまたとっても素敵♡

salon齊藤亭」様

こんな会場があるなんて、帯広の人は恵まれてるわねぇ!



13時からのワークショップは第一部「痛みの取り方」

初めての方ばかりで、錬堂先生への視線がどんどん変化しておるのが面白い♡

最後のほうには、感動的なシーンも。

腰が痛くて前日もツラかったそう。

先生が「脊柱管狭窄症」の痛みだといい、こうやってお手入れするんだと教えたら、かなり改善。

もうちょっと残る痛みは背中かから。
そのおお元の原因はピアスだと言い、まさかと外したら背中の痛みがないという結果が。

先生曰く「その身体が悪くなるわけないんだよ」。

痛みのみならず大病もされてきたその方は、ピアスが合わない体質だと知っていればこんなに苦しまなくてもよかったのかもしれない。

でも、そんなことがあるなんて想像すら難しいもの。

この出会いで、身体に意識を向けるプログラムを持って生まれてきたのかもしれないなぁ。



この指導の時に、「金子、ちよっと来い」と呼んでいただいて、

「ココな、最近見つけたポイント」といって、鎖骨上をゆるめるための場所を教えてくださいました♪

Ws

第二部の「痩身法」も含めて、復習や確認も含めてがっつりメモ魔になってた私。

陽子さんが知らない間に撮影してFBにアップしてくれたんだけど、真顔で仁王立ち。
勇ましい(^^;
Obihiro_3

終了後には、個人セッションしているところも参加を許可いただけて、勉強させてもらいました。



こちらの個人セッションやセミナー参加者さんたち、とても熱心でした。

来年6月に錬堂先生が帯広へ行かれるそう。

それまでに復習したいとか、天城流セッションを受けたいなぁなどリクエストをいただけたら、私もサポートできますので、伺いますよ~!
お気軽にお声かけください♪
17:30にはホテルにチェックイン。

モール温泉のホテルに泊まるぞ~という野望もかなえました笑



いつも帯広近郊から旭川まで施術を受けに来てくださるお友達がいます。

この機会に~と個人セッションさせていただきまして、感謝!



いつも気になっていたおなかの中心の硬さ。

今回は、2番チャクラの「体験、やりたいこと、遊びたいこと」の話をしていたら、ひゅーってゆるんでびっくり!

からだって「気づく」とすぐに変化するの!

「心の中で望んでいること」を実行して、楽しんでもらいたいなぁ♡



そして、一緒に夕ご飯♡

料理の一人前の盛りの良さにびっくり!

美味しくいただきました~(^-^)
でね。。。

せっかく温泉付きのホテルに宿泊したんだけど、ね。

がっつりと「ゆの里」の肌あたりのいいお湯を堪能した後だったせいかな。

温泉が、残念すぎて…  (´・ω・`)ショボーン



期待が大きすぎたみたい。



これはこのままでは帰れないっ。

次の日に錬堂先生お薦めの温泉に寄らせてもらおう♪



明日に続く~\(^o^)/









サムハラ神社とこれぞ大阪! ~関西旅行5日目

いよいよ関西最終日♪

この日も奈良のお友達が「これぞ大阪!」を案内してくれることに!
大感謝です~♡

その待ち合わせ前に、ちょっと気になっていた神社がありまして。

サムハラ神社


こちらは、「天下泰平」ブログで初めてこの神社を知りました。
ブログでは、岡山県の「奥の宮」のことが書かれてましたが、不思議に印象が強く残っていたんです。

宿泊ホテルを決める時に、「からだ会議」会場への移動などのため、地図を何回もみていたら、泊まるホテル近くにこちらの「サムハラ神社」を発見!
なんと歩いて16分程度らしい!

ついでにネットで神社情報を見ると「パワースポット」として注目が集まってるとのこと。
お守りの指輪が人気らしいけど、私は指輪はしないからそれはどうでもいいなぁ。
パワースポットもどうでもいいけど、「なんか氣になる」から、チェックアウト後にスーツケースをガラガラ引っ張りながら、参拝に行きました♪

街の中のビルの間、しかも警察横!

「へぇ~ここなんだ!」って鳥居に前につくと、あれれ?知ってる人たち?

昨日まで「からだ会議」「講演会」でご一緒してた広島・岡山の人たちだぁ!
すっごい偶然!!


 サムハラ神社は、思いがけない遭遇で自分の気が散漫となりまして、ゆっくりと場の「氣」を味わえなかったのですが、それでも鳥居をくぐるとグッと変わる凛とした感じだけは覚えています。


そして、話の中で「おみくじ」のキーワードも出てきて、こんなにたくさんの神社回った今回の旅行で初めてのおみくじをいただきました♡



ほっ♡ 大吉(^-^)

友達が訳してくれたら、「今まで頑張ってきたことが実るんだね~」だって!


神社でしゃべっていたらあっという間に時間が過ぎて、急いで待ち合わせ場所に向かいました!

なんば駅まで近いけど、地下鉄は一回乗り換え。大成功♪

待ち合わせた「なんば駅」、この前は迷ったけど、今回はバッチリ大丈夫♪
無事に合流しまして、観光開始!



心斎橋の「にし家本店」で、まずはランチ。(^-^)
いろんな美味しそうなメニューを見ながら、お友達が支配人さんに

「彼女は北海道から来たんです。これぞ大阪、にし家さん!っていうのを食べてもらいたいんですが、何がいいでしょう?やっぱり肉つけ麺ですか?唐揚げですか?」

すると、
すると支配人さんは「そうですねえ、どれもうちの名物なんですが…私が個人的に一番おすすめしたいのは、きつねうどんです。ぜひこれを召し上がっていただきたいですね。」と。

運ばれてきた「きつねうどん」は、赤い器に金色の揚げがぴかーんと光り、美しい~♡
しかも上品なお出汁で、ちょうど良い濃さ♡
幸せ~♡

お腹いっぱいになって、いざ散策♪

大阪といえば~な風景オンパレード!
グリコ、かに道楽、松竹座、法善寺、ラストはなんばグランド花月。
しかも、一カ所ずつ全部お友達の解説付!

有難い~♡












たくさん歩いて、お別れまでもう少し~の時間は、南海電車改札近くの「神戸風月堂」カフェ。

わらび餅と抹茶のソフトクリームをいただきながら、まだしゃべる(笑)



あーん、彼女ほんとに素敵!
話題も豊富で、大人で、美人で、センス良くて、気配りも最高!

まさか旭川に住んでいて、奈良に友人ができるとは思いもしなかったけど、おかげさまで、昨年5月に続き今年もまた会えて、本当に嬉しい!
良いご縁をいただきまして感謝です♡


名残を惜しみながらお別れ。

楽しい時間を一緒に創ってくれて、どうもありがとう♡


いろんなことに、その瞬間その瞬間「氣づき」をいただきまして、濃い時間だったことに感謝でした。

親交を深めたり、新しい御縁をたくさんいただいたり、初めての体験もできて、有難い氣持ちでいっぱいです。


今回の旅は長期予報で「傘マーク」がばっちりついていたので、旅行前日に軽い折り畳み傘を新規購入して持ち歩いてました。

関空に降り立って以降、雨は降るものの、私が外を歩くときには雨に当たらず、
天に守られながら歩かさせていただきました。

我慢に我慢を重ねてくれた天の氣。
空港につくともう我慢できないというように降りだしましたが、傘を一度も開かずに済みました!
感謝(^-^)


関空より一路 新千歳空港へ。

離陸してすぐに眠くなりウトウト。
「はっ」として呼ばれるように目が覚め、窓の外を見ると、めちゃめちゃ幻想的な雲。




下界は雨降りのようで、一面の雲の上に輝く太陽。
その太陽がどんどん大きくなる感じ。
しまいには、大きな虹色の日輪の中で輝く太陽。



思わず「神様、ありがとうございます」と思っていました。

アマテラス様だなぁともイメージが来たり。



数分後にはもう日輪が消えていきまして、この風景が見れたことに感謝でした。



写真は、全部飛行機の窓にくっつけて、望遠など加工なしで写しました。




千歳空港は土砂降り。

出発直前に、旭川へ帰るのを遅らせて、帯広での錬堂先生ワークに参加することを決めて車で来てたので、雨で視界は悪いものの、1時間ちょいの運転で実家に行けたのも感謝。
直行で旭川へ帰るなら、この3倍の時間はかかるもんね。


「ゆの里」から実家に送ってあった「金水」をいただきながら、母たちが行くかもしれない和歌山の話。

あ、約束も打ち合わせもしてないのに、私の一週間後に弟家族が、12月に両親が紀伊半島に旅に出るという不思議も。呼ばれた?(笑)

 

 

まずは、北海道に無事に帰れて感謝でした~!


コラボ講演会とアフタータイム ~関西旅行4日目②

お楽しみの講演会。

地球に生きるということ〜宇宙と地球と自然と自分」、

ものすごく良い時間を過ごさせていただきました(*´`*)


満員御礼ということで、会場もギューギュー。

お隣はなんとタッキ-先生と、Maako先生の姿が!


会場は、5月に私も購入させていただいた南大室窯の照明がたくさん♡

私の持ってるランプもあった~!



茶喜利さん演奏から厳かに始まりました。

お面をつけての演奏。幽玄な世界に導いてくださいました。


鈴木七沖氏講演。

錬堂さんが「俺が今一番注目してる人」って言ってまして、私も興味津々。

今年はサンマーク出版の本との出会いがとても多いのですが、これもやはり鈴木氏の感性に私も響いているからなんだろうなぁ。

最初の一言目が、

「稲川淳二さんの気持ちがわかります~」みたいな感じで笑いから始まりまして、確かにこの光景は稲川さんでもイケるって感じですもんね~♪

生い立ちからサンマーク出版の編集長になるまで略歴からはじまり、
彼独自の価値観、「職業に貴賤なし」と育てられたおかげでたくさんの経験を積み、今の感性に繋がる話に。

もっともっと聞きたかったです。


七沖氏、錬堂氏クロストーク

七沖さんが
「話しはこんな何十分じゃ伝えられない。12時間しゃべり倒したい」
って話したら、錬堂さんが

「じゃ、来年伊豆で合宿スタイルでやりましょう~」って!

そして、錬堂氏講演

「精霊の話」ということで、不思議な写真と、精霊の呼び方、そして、伝説を持っている民族との関わりまで、天城流ではない錬堂ワールド。



それから、錬堂氏、枚岡神社宮司様クロストーク

こちらの宮司様も素晴らしい感性!
さすがです!!



と盛りだくさんの内容!

興味深いお話しの連続。

 

最後は、今昔美未実さんがその場のエネルギーでお香を調香して、会場に香らせながらの

茶喜利さんライブ。

お香を聞きながらの、茶喜利さんライブは、どんどん澄んでいくエネルギーに酔いしれる。

からの〜、「魂の奥からの歓喜」の中でのクラップ&ステップ&歓声で、会場全体で一体となった時間(≧∀≦)

幸せだった〜

 


終了後にお片付けを手伝って居たら、チャッキリさん私を覚えていてくださって、「ひさしぶりですね~」って(≧∀≦)

一緒に写真をとっていただきました♡

 

今の時代に生まれてこれて、本当に良かった!

楽しんで、喜んで、大切に生ききろう、そう思えた時間でした。



終了後は特に懇親会などもないので、なかなかゆっくり話をできない札幌の塾生と、十勝岳でご一緒した大阪の塾生と、ビール~♪


沖縄合宿で会得したという技術をシェアしてもらって、興味津々。
これ、私もいっぱい練習したいよ~!



沖縄合宿。

錬堂先生からも直々に「参加しないか」と誘っていただいたのに、
あの時期は5月に伊豆に行ったばかりで、本当に旅費の捻出ができなくて、断念。

でも「借りてでも行けばよかった~」と大後悔していたのです~(泣)



習ってきた方の技術もさることながら、沖縄で「体験してきたその波動」が素晴らしすぎて、来年の「プラハ大会」には、ぜひ私も参加したいよーって思いました。

プラハに行ってるイメージ持ったら、旅費を貯めれるほどお仕事いただけるかな♪
前向きに検討しつつ、まずはイメージと決心ね。



超 濃い時間。


この日一日だけで、1週間分くらいの経験をした気分♪

行動した分だけ、ギフトがある。

っていうけど、
うん!本当だ♡



場のエネルギーを体験する

話を聴いて、想像する。共感する。

視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚。そして第六感を感じる。



いわゆる勉強とは言わないかもしれないけど、

こういう学び・体験が、自分の感性を磨いて、育ててくれている。


有難い。有難い。

おかげ様です。感謝です。

行かせていただけて、心より感謝です♡



2016「からだ会議in大阪」に参加しました! ~関西旅行3日目

「からだ会議in 大阪」に参加しました!

今回のテーマは、「~癌に対する統合医療の智慧~

 

免疫力をあげて癌にならない身体をつくる。

癌とどう付き合うのか。

身体の痛みの取り方を知る。

本当の乳癌の発見方法と対処法。

今を生きるために。

身体のプロが「癌」というテーマに一緒に向き合います。

 

堀田忠弘氏(堀田医院院長)・三浦直樹氏(みうらクリニック院長)・鄭栄植氏(鄭クリニック院長) 杉本錬堂氏(天城流湯治法創始者) のトークセッションもありました。

 

 

朝、ホテルを出て会場の「エディオンアリーナ大阪」に向かいました。
地下鉄難波駅で降り、実行委員の方からいただいた情報の「南海電車」を頼りに一心不乱に歩いて行くと、「あれ~???」
あきらかに「これは違う」という風景の場所に出てしまいました(^^;)

そこから「経路案内」を立ち上げようかとも思ったのですが、
いやいや、すごろくの「振りだしに戻る」にしよう、最初からやり直そう~
と戻りまして、そこからは無事に会場にたどり着きました(≧∀≦)


降りた地下鉄の改札口がいただいた案内のスタートとは違っていたようです~。
なんば駅、ひろ~い(^^;)



会場づくりのために8:30集合、役割分担案内、8:45会場入り・準備開始という予定。
で、私は
8:45に到着。
なんとか「錬堂Tシャツ」一団に合流して、右往左往しながら仕事を見つけ、せっせと準備しました~。
こういう時間も「学校祭」のようで、楽しい♡


10:00
 錬堂先生の講話よりスタート。
「免疫力を上げるためのエクササイズ」をテーマとして、呼吸が深まる方法を、みんなで体感しながら習いました。
知っていることだったけど、一緒に始めていくとどんどん呼吸がしやすくなって、普段普通に過ごしていてもこんなに滞りが出るんだなぁと実感。
やっぱりコツコツほぐさなきゃね~。

 

 

その後、美未実ちゃんとちょっとおしゃべりをして、本格的なセッションではなく、「お守り香」を使うことに。
手縫いのお守り袋に、美未実ちゃん調香のお香と、私の願い事を入れたもの。

この日はTシャツの中にいれて肌につけてたら、体温で素敵な香りが立ち、いい氣もち♡


そして、会場では「天城流湯治法 公開体験施術」

技術を公開してくださるのは札幌で見慣れている先生たちではなく、新鮮な面々たちが勢ぞろい。

途中から見始めたので二件のケースを見せていただきました。

お一人目は、「腰」の痛み。
相談者さんが痛みや経緯について長々と話してましたが、担当したひよこ会ブースの責任者の奥ちゃんは、「では、ひよこ会ブースで用意している技術で~」と太ももを本人にほぐさせたら、「アレ?あれ?痛くないです~」と不思議そうな顔で笑顔に(笑)
わたしも、こんなに複雑そうな腰の痛みの訴え、どうやるのかな~と見てましたが、なんと基本中の基本メソッドで解決して拍子抜け。
ついついクライアント様の辛い訴えに複雑な症例かなぁと考えを持っていきがちだけど、天城流のシンプルな、「ココが痛かった、ここをほぐす」を思い出せばいいのねぇ!

と苦笑い状態(^-^;)


そして二人目は、「めまい」だったかなぁ?
大病の治療後からあるという不調を訴えてました。
担当は京都の堀田忠弘氏(堀田医院院長)
なんと、Oリングテストで不快なものを検知。

エネルギー調整で身体のバランスを整えてました!鮮やか!!


堀田先生に興味があったので、この場面を見ることができて良かった~♪
宝石療法などでの著書も多く、診療予約は一年待ちとも。
すごいです!

体と心から毒を消す技術

身体は、なんでも知っている

医師がすすめるパワーストーン―病...

その後、「関西ひよこ会」ブースでのスーパーサブ業務お手伝い。
担当者さんが席をはずしたときにサポートで入る役割でした。
3
時間くらいお手伝いでついてましたが、やった仕事は「受付一件」。

皆様熱心で、空きが出ることはほぼありませんでした~(^-^)

そんなお手伝いをしていて、その間にやっていた
大阪 三浦直樹医師(みうらクリニック院長)「癌・難病への統合医療的アプローチの実際」大阪 チョン・ヨンシ医師(鄭クリニック院長) 「乳がん」については講演を聴くことができず残念。


最後の講演者、堀田忠弘氏(堀田医院院長)「癌はどうすれば苦痛なく治癒に向かうか」は拝聴できました。

 

 

癌は細胞が変異したもの。

なぜ変異するのかというと、「細胞自身の生き残るための意志」という解説が胸に響きました。

ついついがん組織を異物怪物扱いをしてましたが、細胞自身の意志ならば、なんだか「愛おしい」と私は感じてしまったのです。

免疫の上げ方も、「氣持ちよく過ごすことが大事」と。

笑ったら免疫が上がると言いますが、やはり細胞変異の大きなきっかけは「ストレス」。

食べ物や空気・水などの環境や、コミュニケーションも含めたあらゆる環境から「ストレス」を受けているこの時代の私たち。

あれダメこれダメ、とストレスを持つのではなく、なにが心地よいか、どうすれば気持ちよいかを選んでゆったり過ごすことがいちばんらしいです。
自然体が一番なんですね~。

 


最後に錬堂先生と医師講演者によるディスカッションと質疑応答がありましたが、

会場からの「先生たちは何を食べてるんですか?」という質問に、

「食べたいもの、身体が欲しているものを我慢せず食べる」という返答があって、ホッとしました。肉が食べたかったら満足するまで食べるそう。
暴飲暴食はもってのほかですが、身体が欲してる(脳が欲してるのではない)というサインを尊重すると、自然にバランスが取れて、また我慢のストレスもないのがいいらしいです。

「何時間くらい寝てますか」という質問も、それぞれの生活の様子を含めて返答されてましたが、おおむね「何時間寝ればよい」という話ではなく、自分の生活、身体のリズムから「ストレス」を感じないように過ごされているようでした。

「寝てなさすぎかも」「早寝できてないかも」と考えすぎることもストレスなんですね~笑

 

いつも錬堂先生が言っている、

咀嚼しているときって氣持ちいいよなぁ、
おしっこでてる時・排便してる時って氣もちいいよなぁ、
眠くなった時にスーッと眠りに入るのって氣持ちいいよなぁ、
ですね。

赤ちゃんのように「快・不快」をしっかり感じて、氣持ちいいことをしていけばよいのね♪

 

 

終了後は、お楽しみの「懇親会」!
やったー!大好きなビールの時間(≧∀≦)笑

 

全国から集まった指導者仲間と話せる貴重な時間です。

この時に、なんと前日に「このの」温泉で、お股に「神秘の水 夢」をシューってしてくれた方が!!!!!!
まさかおんなじ温泉に前日にご一緒してる天城流仲間がいたなんて、しんじられな~い(≧∀≦)
隣に座って盛り上がりました♪

反対側の席には、オーストラリア在住の日本人男性。かっこいいお顔♡
今日ここにいられた「奇跡ストーリー」を話してくださいました!
今日この場で集える「縁」としか言いようがないですね~。

向かい側には錬堂先生!
お茶目に、そして周りにいつものように愛ある気配りで盛り上げてくれてます。


「来年は日本で世界長老会議を開催したい」と熱い宣言をされて、めっちゃ魂に響いてきました♡♡♡

先生のお隣の愛知県の方。
「世界長老会議」について熱く語ってくださいました!
熱い想いが伝わってきて、おもわず「龍体の頭である北海道」でも「世界長老会議」開催しようかと、頭をよぎってしまいましたよ~♪


「ひとりひとりがその個性を活かして、役割を生きていく」

錬堂先生の周りは、そういう生き方の方が多くて、刺激的です♪

楽しい時間でした~\(^o^)


 

2016年10月 8日 (土)

三輪山登拝 ~関西旅行2日目

旅行2日目。

和歌山県橋本市から奈良県桜井市の大神神社へ1時間半の列車の旅。

世界遺産の高野山の入り口だけあって、橋本から外国人の方がたくさん乗ってました。

金髪碧眼の女性から英語で「この列車は奈良へ行きますか?」と聞かれまして、言ってることはわかるのですが返事用の単語が全く出てこず「OK,~、ダイジョウブデス~」という返事しかできず (/ω\)

しばらく乗っていた女性たち、途中で車掌さんに確認して違う電車に乗り換えてました。
あれ~?奈良行きのはずだったんだけど~??


そして大神神社到着!

三輪は無人駅にてコインロッカーがなく、大きなスーツケース引っ張って鳥居まで歩いて行きました。
参道の玉砂利のうえは、音も響くし、なによりきれいにならしてある玉砂利に跡を残したくないという想いで鳥居から中はスーツケースを持ち上げて歩きまして、もう汗がだくだく(^^;)

 

大神神社は、三輪山がご神体ということで本殿ではなく「拝殿」ということ。
こちらで参拝した後に、今回の最大のチャレンジ「三輪山登拝」へ!

三輪山は、宇宙と繋がるポイントらしく、いろんなところで語られてます。
オーラの泉で活躍された江原さんもテレビで「最大のパワースポット」とか言ってましたし、わたし的に一番最初の興味は美内すずえさんの「アマテラス」を読んで知ったのでした。

7月くらいから、なんとなく「山の上の神社に行かなきゃ~」というぼんやりしたイメージが来てて、樽前山の奥宮なのかなあと思ってましたが、なかなか実行できず、今回関西に来るということで「三輪山に呼んでいただいた?」って感じて、一応山に登る準備をしていこう~と、この日を用意していたのです。

三輪山登拝は、こちらに呼ばれてない時は登れないとも言われていて、天気予報も傘マークだったし、まず行ってみよう~!ってことにしてたので、きれいに晴れ渡った空にとても嬉しくなりました。

大神神社参拝のあとに、登拝受付をしている狭井神社へ、やっぱりスーツケースを持ちあげて歩いて行きました。笑

狭井神社は、拝殿の後ろに神水の井戸があり、ここから湧き出る水は昔から「薬水」といわれてるそう。水のテーマのある私も、しっかりとご神水をいただきました。


この狭井神社からスタートし、往復で3時間くらいかかる山登り。

途中で具合が悪くなる人も多いらしく、登拝の許可をいただくときも神主さんから厳しい注意がありますよ~と聞いてました。


到着した時には、先に上がる若いグループさんたちに、厳しい感じで説明してまして、自分もこんな風かもと覚悟。

自分の説明の順番となり、同じくらいの年齢の女性と二人でお話を聴きました。
すると、先ほどの厳しい表情が和らいでいて、同じ文言での説明だけど穏やかに伝えてくださいまして、気持ちが和みました。

簡単な地図をいただき、登拝証の襷をかけて、いざ出発。

最初の頃は急こう配でも足がとても軽く進み、あら意外と大丈夫なんじゃない?とか思っちゃったり。

でも途中から、脚も上がりにくく呼吸も浅くなり心臓がバクバク。
けっこうキツイ(><)
一緒に受付した方と抜きつ抜かれつ、ぼちぼちと体調を見ながら登りました。

9ポイントの標柱があるはずでしたが、6・7・8は全然気づけないほど、もう足元しか見れない感じ。
前日に大雨が降ったそうで、全体にぬかるみで滑りやすいこと、この上ない。
地図で6・7と書かれているあたりは、もう胸がむかむかして気持ち悪くなってました。

襷についている清涼な鈴の音に、癒され励まされながら。
時折足を止めては、周りの大きな樹木を見上げて、力をもらいながら。

一歩一歩登って行って、唐突に「あれ?」と感じたエネルギー。

標高446.7Mの「高宮神社」についた途端、
「スコーン」と抜けるような波動を感じてびっくり!
これまでの胸の気持ち悪さも吹っ飛び、軽やかで力強いエネルギーにすぐに癒されました!

その奥にある「奥津磐座」
これがすごい波動らしいと聞いていたのですが、そのあたり一帯がすでに抜けるような氣に満ちていたので、特にこれがすごいとかは感じないほど、満ちてました。

一足先についていた一緒に受付をした女性。
「ここは長くいるもんじゃない感じね~」と話しかけてくださり、参拝し、水を飲んで一呼吸落ち着いてすぐに「下山」を始めました。

錬堂先生から、「神社は午後から行くもんじゃない」とならっていたので、もう午後2時を回っていたこともあり、この言葉に早々に降りました。


この女性の方について行くようにおりている時に、こう話しかけれてびっくり。

「あなた。何をやってる方なの?
 さっきから感じてたんだけど、あなたからすごい氣がバンバン来るんだけど」

って言ってくださるんだもん。

わたしも、
「そうなんですか?
 わかりませんけど、現代霊気法を実践していて、先週に創始者の先生から霊授を受けたばかりなので、クリアなのかしら~」
みたいなことを話し、そこからずーっとおしゃべりをしながら下山。

この方も普通に暮らしていたのに、ある日突然「龍神様のお手伝い」とかするようになられて、その頼まれごとであちこち参拝の旅が続いているという方でした。


そして、さっき気持ち悪かったポイントについても、「ここはキツイ坂道だから、みんなツラいキツイと吐息をして、いろんなものを置いていってるんじゃないかしらね~」とか解説してくださり、なんとなく納得。


帰りもやっぱりちょっと気持ち悪くなったけど、行きほどではなく、おしゃべりしながらスルスル降りてこれました。

大神神社の神様は蛇の姿での伝説もありますが、帰り道に蛇に見違えるくらいの木の根に目が留まり、二人してびっくり仰天、凝視の時間。
行くときには全く気付かなかったけど、帰りにこうして見せていただけて、何やら嬉しい気分。

帰りのほうがすべる足元に緊張する状況でしたが、全く疲れず軽やかに歩き、無事に襷を返しに行けました。

なんと2時間ちょいで往復できて、自分でもびっくりでした。

お返しに神主さんのところに伺うと、とてもにこやかに受け取ってくださり、無事にすべての行程が済んで一安心。

一緒に歩いた女性の方が、御朱印帳を書いてもらうのに神主さんとお話した時に、
「お二人とも、とってもいい笑顔で降りてこられてましたね。
 今日みたいに静かに参拝できる日は珍しいんですよ。

良かったですね。」

と、言っていただけたそうで、降りてきた人の様子もちゃんと見ていてくださってるんだと、聞いてとっても嬉しくなりました。


こちらのお山は、タイミングの合わない人はほんとに登れないらしいのに、

お天気にも恵まれ、
混みあってない静かな状況が用意され、
帰りには木の根の形で神様にも会えて、
そしてまるで天女のような足取りの方と一緒に登れたという良いことづくし。
感謝でした~!

 

また、不思議な経験をする人が多いのも有名で、わたし的にはこの時に出逢ったこの女性こそが不思議な人。
「龍のお使い」してるなんて、またもや「龍がらみ」の展開にワクワクでした♫


天城流についてもっとお話しを聴きたいと言ってくださったので、一緒に登拝した女性の方と一緒に奈良市に向かうことになり、出会いの面白さを実感。

電車待ちの時に昨年食べた「日本酒ソフト」でも~とお店に寄ったら、イケる口だったその女性の方が「日本酒味見セット」を頼んだので、私も迷わず同じものを注文。

3種類の日本酒と奈良漬のセットで、お神酒をいただいた気分に。

大神神社の大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が酒造りの神で、大神神社の神木である杉に霊威が宿ると信じられていて、現在も多くの酒造業者に大神神社から「しるしの杉玉」が授与されてるそう。

ということで、日本酒を有難~くいただきました(^-^)

 

奈良市までの電車でもおしゃべりやまず(笑)
楽しい時間でした♫

 


そして奈良駅で待ち合わせをしていたMさんとの14カ月ぶりの再会♡
Mayano_2

このMさんとの出会いだって、あんまり普通じゃない凄すぎる偶然。

ご縁はやっぱり宇宙的に決まってるんだなぁ~って、いつも感じます。

奈良野菜の美味しいコース料理に舌鼓をうち、しゃべって笑ってあっという間の時間。


大好きなビールでほろ酔いの私。
奈良市から大阪肥後橋のホテルまで、もうひと冒険。


JR
大和路 奈良→天王寺

大阪市営御堂筋線 天王寺→大国町

大阪市営四つ橋線 大国町→肥後橋

 

文明の利器スマホ。

乗り換え案内や経路案内、便利ですね〜(≧∀≦)

おかげ様で迷わずホテルに到着♪
この夜から三泊します。

いよいよ次の日は、「からだ会議in大阪」
朝8:30に会場に集合とのこと。


この日は飲水量が少なめっだったことだけ気になったけど~、ということで、3日目へ~♪



「月のしずく」の温泉へ ~関西旅行1日目

「月のしずく」というミネラルウォーターを、8~9年前に飲んだことがあります。

当時の私は、「本来の自分に戻りたい」と感じ、スピリチュアリティを求めていろいろな体験を始めていたころ。

氣づきと浄化の中で心身にいろんなことが起きてました。

そんなときにこちらの「水」に出会い、とてもとても癒されたのです。


このお水の採水地にある温泉に行くことが夢でした。

憧れのお宿は「お水の宿 このの」

 

関西に行くことがあったらいつか泊まってみたいとぼんやり淡い夢をもっていても、常に考えているわけではなかったのですが、

 

天城流湯治法協会の「からだ会議in大阪」
杉本錬堂氏(天城流湯治法創始者)、鈴木七沖氏(サンマーク出版編集長)のコラボ講演会「地球に生きること~宇宙と地球と自然と自分~」

 

の開催を知った時に、頭に「ボーンッ!」とかなり大きく思い浮かんできたのです♪

ワクワクした気持ちがどんどん大きくなり、大阪から離れているこの宿に泊まるために一日早く関西入りして、お湯を堪能することにしました♡

地図上では関空から近く見えたので、関空発着で飛行機を予約してからお宿の予約をしたら、関空から一度大阪難波に出て、南海高野線にてきてくださいとのこと!
乗り換えは難しくはなかったけど、思っていたより時間がかかりました(^^;

温泉旅館にしては珍しくシングルルームがあり、お部屋はとても快適♪
お部屋の冷蔵庫には、「月のしずく」と「金水」が♪
しかも月のしずくは飲み放題!
一泊二日で、たぶん2500mlくらい飲めた気がする~



Img_4952_2

荷物を置いて、まず、別館の日帰り温泉「ゆの里」へ。

もう夢みたい!
あの「月のしずく」だけのお風呂に入れるなんて~!!

施設自体は少し古さを感じましたが、お湯の素晴らしくて、いろんな浴槽に出たり入ったり。
ジェットバス。月のしずくミストサウナ。滝湯。露天。低音湯。水風呂。などなど、たっぷり味わいました。

どこも素晴らしいのですが、想像以上に足湯が良かった。
ひざ下をお湯に入れて、背もたれにお湯が流れている地味な見栄えでしたが、後頭部から背中にあたたかいお湯が流れていく感じがとても癒されます。

いつまでも入っていたかったけど、宿の夕食を頼んでなかったので、こちらの別館で食事をしなくては~と、レストランへ。

「月のしずく御膳」をいただきました。

Img_4957

美味しかった~♪


一泊なので時間に限りがあると、今度は宿に戻りこちらの温泉に。
先ほどの「ゆの里」とは違うお湯があるのです!!

 

「月のしずく」は金水・銀水のブレンドのお湯ですが、宿のお風呂には「金水・銀水」に加えて「銅水」も混ぜた宿泊客限定のスペシャル湯があるのです。

 

46人向きの小さめの湯ぶね。

他の宿泊客の方ともお話ししたくなる距離間です。

ここの温泉に来たい方たちだけあって、健康のお話に花が咲いてたので、私も参入(笑)。

天城流湯治法のことをお話しして、興味を持っていただきました(^0^)
夜にお話しした方と朝にもあったら、もっと詳しく聞きたいということで、お一人にちょこっと体験いただいたりも♪



この朝のお風呂の時に団体で来ていたグループさん。
どうやら「健康に関する勉強」をしているグループらしく、その先生がいろいろお話されてました。

そのみなさま、湯上りに「神秘の水 夢」というスプレーを全身にかけてまして、その時に「股間と足裏にもスプレーするといいのよ♪」ってかけ合ってました!
心の中でいいなぁって思ってたら、私にも声かけくださったので、股間と足裏にシューってしてもらいました(≧∀≦)

「神秘の水 夢」は以前に購入して使ってたけど、股間は初!笑
なんか「良い感じ」でした!
顔もだけど、股間も粘膜だらけのところだもんね。

皮膚バリアのない粘膜には、良いものを使ってあげるの、大事かも。


朝食は、「月のしずく」を使った一人一つでお釜のご飯。
幸せすぎる~。
食べきれなかったご飯はおむすびにしてもらい、お昼にいただきました。

水の情報がレストランの壁にいっぱい展示してあります。
別注文で月の雫で淹れたコーヒーをいただきながら熟読。
今年は特に「水」をテーマにした時間を生きてる私。
たくさんの恩恵を受けまして、大感謝でした。

お肌は、化粧水どころか、まるで美容液のお風呂にはいったかのようにしっとりもっちり。

抜群の肌状態になりました。

毎日入りたい~と欲が出ちゃいます笑


和歌山県橋本市神野々をあとにして、2日目は奈良県桜井の大神神社へGo!

 

 

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック